牡蠣と亜鉛|亜鉛不足の方のための牡蠣サプリの選び方

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加
女性のお悩み
妊娠を希望する方に
亜鉛は女性の健康を守るだけでなく、妊娠したら積極的に摂取して欲しいミネラルでもあります。亜鉛は通常1日8mg~9mg程度必要なのに対し、妊娠すると20mgまで必要となってしまうからです。不足すれば母体の健康が維持できないだけでなく、赤ちゃんの成長にまで影響を及ぼしてしまいます。
亜鉛不足のお母さんから産まれた子どもは将来のリスクも高まるといわれているため、摂取量に注意してください。
亜鉛は受精卵の細胞分裂に必要となり、DNAやRNAの合成にも不可欠です。体の成長に関わるだけでなく、脳のような重要な器官へも影響を及ぼす可能性が指摘されています。
また、妊娠中はつわり・皮膚炎・妊娠線の影響が出るのも亜鉛不足と関係性があるといわれています。
美容に必要な亜鉛
亜鉛は全ての細胞が分裂するために必要となるミネラルです。
そのため亜鉛が不足している方は、極端な話アトピー性皮膚炎になったり、傷が治りにくい、床ずれを起こすなどの影響も起こるのです。
一般の女性ではそこまで影響は少ないものの、美肌や美髪のためには亜鉛摂取量に注意する必要があります。
なぜなら肌の弾力を保つコラーゲンもたんぱく質でできており、合成に亜鉛が必要となるからです。髪もたんぱく質が80%含まれているため、健康でキレイな髪を育てるために亜鉛は必要となります。
白髪も亜鉛不足と関係性があるといわれていますから、中年女性も亜鉛の摂取量に注意してみましょう。亜鉛の吸収量は年齢と共に減少しやすく、年齢を重ねた女性ほど亜鉛サプリが必要だといえます。