牡蠣と亜鉛|亜鉛不足の方のための牡蠣サプリの選び方

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加
亜鉛の過剰摂取について
亜鉛の過剰摂取とならない目安

亜鉛は健康を維持するために必要な栄養素です。
細胞分裂に関与し免疫力を高めたり、ホルモン生成などにも影響しています。しかしサプリメントで過剰摂取すると副作用が出る可能性もあるため、1日の摂取量に注意する必要があります。
成人女性では9mg程度、成人男性では11mg~12mg必要です。この目安を参考にしながらサプリメントを活用すれば過剰摂取とはなりません。
ただしベジタリアン、アルコールをたくさん飲む方、消化器官の疾患がある方などは推薦量に達していない可能性があるため、これより多少多めに摂っても構いません。
その場合でも安全に亜鉛を服用できるのは、成人で40mgを上限に考えましょう。
医療上の面で必要だと判断された場合は、医師の指導のもとこれより量が上回ることもあります。
過剰摂取した場合の副作用

亜鉛は過度に服用しすぎると副作用を及ぼすことがあります。
吐き気、食欲不振、胃の不快感、下痢、頭痛などです。短期間での過剰摂取の場合、相当な量を一度に服用しなければ中毒症状は起こりません。亜鉛サプリなどで長期間過剰摂取した場合に副作用は起こりやすくなります。
亜鉛は他のミネラルとのバランスを崩し、銅の低下を招いて貧血を起こす可能性もあります。
さらに過剰摂取が続けば免疫力の低下、善玉コレステロールの低下などが見られたりします
食事で十分な量の亜鉛が摂取できた場合は、亜鉛サプリメントの服用を中止するか、服用量を調節しましょう。欧米人に近い食事では不足することは少なく、野菜や穀物・豆類を多く摂る日本人は摂取量が減りやすくなるため調節してください。