牡蠣と亜鉛|亜鉛不足の方のための牡蠣サプリの選び方

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加
亜鉛不足の解消方法
食品から補う

亜鉛の摂取はバランスの良い食事を心掛けたり、亜鉛の含有量が多いものを積極的に摂ることで調節できます。亜鉛不足の症状が出やすい方は、まず食品から亜鉛摂取量を増やす努力をしましょう。
最も亜鉛の摂取として適しているのが牡蠣です。
1日2個~3個程度摂取すれば1日の推薦量に達します。他にも赤身の肉、魚介類などにも亜鉛は含まれています。ナッツ類、全粒粉を使ったパン、乳製品も亜鉛の摂取に適しています。
亜鉛はたんぱく質との相性が良く、吸収量を高めてくれますから、亜鉛が不足している方はたんぱく質が多い食品から摂取することをおすすめします。
牡蠣のような魚介類、牛肉の赤身やビーフジャーキーなども活用してください。ただし大量の食物繊維や穀物類と組み合わせると吸収量が低下しやすいため、できるだけ単体で摂るようにしましょう。
亜鉛サプリメント

食事で亜鉛が不足しやすい方、消費量が多く食事では追いつかない方は亜鉛サプリメントが有効です。
亜鉛はマルチミネラルに含まれていたり、亜鉛サプリとして売られているもの、牡蠣サプリなどでも摂取することができます。
注意したいのは亜鉛がどのような原料から作られているかです。グルコン酸亜鉛など合成の形で配合されているものは、亜鉛の含有量が多くなり過剰摂取になる可能性があります。海外製の亜鉛サプリは含有量が多いため注意してください。
できれば牡蠣やすっぽんなど食品由来の亜鉛プリを利用することです。これらは亜鉛のみの摂取に留まらず、様々な栄養素が複合的に含まれており、美容や健康効果が期待できます。亜鉛のみ単体で摂ることもないため過剰摂取になりにくくなっています。