牡蠣と亜鉛|亜鉛不足の方のための牡蠣サプリの選び方

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加
より効果を実感!一緒に摂りたい栄養素
吸収率5%から40%へ上げる栄養素

亜鉛は元々吸収率が低いミネラルです。一般的には30%前後といわれますが、組み合わせる食品によっては最低で5%まで低下することがあります。これを最大40%まで上げる栄養素を組み合わせましょう。
最も適しているのがたんぱく質です。なぜなら亜鉛はたんぱく質と結合している食品が多くなっているからです。
食品の中でも含有量が多い牡蠣にもたんぱく質は多いですし、牛肉や魚介類にもたんぱく質は多く含まれています。できるだけ吸収率を高めるためにはたんぱく質が多く含まれる食材で、亜鉛の摂取を心掛けることです。
サプリメントを利用する場合は、たんぱく質が多い食事をした後に摂取すると吸収率は高めることができます。
その他のおすすめ栄養素

亜鉛は元々吸収率が低く、一緒にとる栄養素とくっついて排泄されてしまう性質があります。それを逆に利用すると亜鉛を包み込んで吸収率を高めることもできます。 クエン酸、ビタミンCはキレート作用により亜鉛を包み込み、腸からの吸収率を高めます
通常は少ない箇所から亜鉛を吸収しようとする働きが起こるのですが、他の成分とくっつくことで違う箇所からも吸収できるようになります。
亜鉛サプリメントを摂取する場合はクエン酸かビタミンCの栄養が含まれる食事をした後に飲むか、ビタミンCサプリを一緒に摂取する方法がおすすめです。
ビタミンCはフルーツ類にも多く含まれているため、食後のフルーツの後にサプリを飲んだり、生ジュースと一緒にサプリを利用する方法もあります。